HOKOLOG

Category: Music  

Les Paul ~Episode2<Final>~

「エピソード2」で....もうファイナルかい?( ̄○ ̄;)!お、おい

手配していたパーツ群が、届きますた!(^O^)

guitarparts.jpg

①コントローラー・ポット(500kΩ Aカーブ):2個
②コントローラー・ポット(500kΩ Bカーブ):2個
③モノラルフォーンジャック:1個
④エスカッション・マウントスクリュー(ブラック ロング4本入):2個

音が鳴らない原因は・・・
①の...ボリューム・コントローラー用のポットの経年劣化。
②のトーン・コントローラー用ポットも、③のジャックも今のところ問題無いんだけど...
いつ不調になるか解らないので、これを期に...予防保全で取り替えちゃいます!(^O^)


de...かなり悩んだのが、ピックアップ(以下、PUという)を取り替えるかどうか。。
Greco製レスポールに搭載されていたPUの抵抗値を測ってみると・・・
フロント:7.95kΩ、リア:7.84kΩと...何故か、フロントの方が高いのね~(・・?)

greco_pu.jpg

ちなみに...思い出のBurny製のレスポール搭載されてたPUは、
フロント:8.27kΩ、リア:8.48kΩと...抵抗値的には、かなりの高出力ピックアップ!(o^-^o)

dimarzio.jpg

しかし...むき出しのPUは、カスタム・エディションにはイマイチ似合わない~(;^_^A
そこで、PUカバーだけ流用して中身を入れ替えちゃいましょう!と思い...
トライしてみたが、穴の位置が微妙に合わなくて...目論見は失敗でした!
SNSで...A師匠も「オリジナルのまんまが( ・∀・)イイヨ!!」言ってたので、そのまま路線にケテーイ!

de...調達した電子パーツを組み込みますた!

cont_pot.jpg

ハンダ上げは、何回やっても巧く出来ましぇん!...俺のアソコみたいに、モッコリになっちゃいます~(爆)
あっ、備忘録で...一般的なレスポールの配線図を貼っておきます(笑)。
lespaul_wire.jpg

早速、ギター・アンプに繋いで音を出してみたら...見事に復活しましたyo-!\(^o^)/
やっぱ、レスポールの野太いサウンドは...( ・∀・)イイネ!!

de...欠損していたピック・ガードも取付け、本来の姿に戻しました。
ネジ穴が微妙に合わなかったので、カッターとヤスリでシコシコ・(*´Д`)ハァハァ削ったけどぉ(笑)

lespaul_finish.jpg

汚れの酷かった細かいパーツも、丹念にポリッシュでシコシコ・(*´Д`)ハァハァ...かなりピッカピカに!


このギターを入手した時・・・
再塗装、フレット交換、ピックアップ取り替えなどエロエロな事を妄想をしてたけど...
ある意味、ジャパン・ビンテージなギターだから...これは、このままの姿で使うことにします!
つー訳で、「Greco 1976年製レスポール」は...ファイナルです(笑)。

その内...どうでもいいようなギーターを入手したら、エロエロとチャレンジ!!!してみます~(∩.∩)
スポンサーサイト

Newer Entry飛び石連休

Older EntryLes Paul ~Episode1~

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10