HOKOLOG

Category: Life  

安らかに

何年か前から...ずっと心に引っ掛かってる事がある。
それは・・・
若かりし頃に、3年ほど付き合っていた彼女...今で言う、元カノの事。
ひとつ年下、美人でスタイル抜群!...誰もが羨むほどの自慢の彼女だった。

今、考えても...俺の彼女史上・・・一番の女でした。

友達の紹介で、初めて会った瞬間...一目惚れしちゃいました。
その後、俺の猛アタックに彼女が負けて...交際がスタートしました。
当時...俺はJNRで働いていたが、彼女は未だ専門学校生だった。
3人兄弟(兄2人)の末っ子で、両親と一緒に実家(社宅)に住んでいた。

今で言う、アパレル系の勉強をしてた彼女につりあう様...ファッションスタイルを変えたり、
彼女が好きだった...「竹内まりや」や「山下達郎」などの音楽も、聞くようになった。
旅行やドライブに行ったのも、覚えているが...
よく行ったお気に入りの喫茶店で、何気ない話に笑う...彼女の「笑顔」が、一番記憶に残っている。

付き合い始めて、1年が過ぎた春...
父親の転勤で、一緒に...道東の「霧の街」へ引越してしまった。
それから、2年近く...遠距離恋愛で行ったり来たりと...交際は続いた。

ある時、俺の母親に...
「彼女と結婚する気あるの?...そろそろ真面目に考えてあげないとダメな年齢だよ!」と忠告された。
当時の俺は、「結婚は30歳ぐらいまでにすればいいかな~」という程度の結婚観だった。
ひとつ年下の彼女を、俺の都合で...30歳近くまで待たせる訳にもいかない・・・どうしよう。。
なんか、それ以来...会う機会も次第に減っていき、連絡も途絶えるようになり...自然消滅してしまった。
それから何年か後、彼女が地元の人と結婚した事を...風の便りで知った。

未練たらしい男が、「元カノ話」をダラダラ書きやがって!...
と思われているかも知れませんが、そこは否定しません。
でも、正直な話・・・
別れた女が、幸せになろうが、不幸になろうが...もう関係無いし、どうでもいい!!!
よく、フラれた相手に「いい人見つけて、幸せになってね!」と言う奴がいるが...本音なのか?
心の中では、「おまえなんか、絶対に幸せになれねぇーよ...バーカ!」とか思ってんじゃないの。
俺は、後者の方です...フラれて、そんな心の広い男でいられる訳がありません。

でも、彼女は違う...フラれた訳でもないし、嫌いになって別れた訳でもないから・・・


何年か前、偶然会った彼女の友達から...彼女が亡くなった話を聞いた。
病気や事故で亡くなったのなら、運命かと...それなりに割り切れるが・・・「自ら命を絶った」と。
その友達は、用事があって急いでいたし...俺も動揺して、詳しい話は聞けなかった。

本当にショックだった。
俺の知ってる彼女は、そんな事するような子じゃない...
一体、彼女の身に何があったのだろう?
それ以来、時折・・・
「嘘であって欲しい...真実が知りたい!」という気持ちをコントロールできなくなる自分がいた。

彼女の親が、霧の街の近隣に家を建てる(長男と同居)話は聞いてたので...
実家は、実際に行って探せば...判るだろう。

でも・・・俺が実家に行き、真実を知ったからといって...一体、何になるんだろう?
かえって、両親に辛い思いをさせてしまうだけだろう?...心の中で、葛藤は続いた。

もし、もしあの時...もっと真剣に彼女の事を考えてあげていれば・・・
たとえ、幸せにできなかったとしても...命を落とすことは無かったはず・・・
自己嫌悪に陥ったりもしたが...今となっては、どうすることもできない。


「どうか...安らかに眠ってください!」

いずれ、俺もそっちへ行くから・・・
そしたら、また色々な話をしよう。

そして、また...あの素敵な「笑顔」を見せてね。


天国の彼女へ

スポンサーサイト

Newer EntryX-mas Eve

Older Entry

 

Comments

Leave a comment







3
4
5
6
7
9
11
12
16
17
18
19
22
23
24
26
27
28
29
30
31
> < 05