HOKOLOG

Category: Guitar Refinish  

ギター・リフィッシュ <下地処理その1>

旧塗装を剥ぎ取って、スッポンポンになった...俺の「フライングV」。

「さ~て...新しい色、塗っちゃいますかぁ!」と、いきたいところですが・・・

塗装する前に、「下地処理」つーのが...必要なんです。
実は、この作業...楽器の塗装にはとっても重要な工程なんでげすね!
そして、そのひとつが...「目止め」です。

「目止め」は...塗料の染み込み防止とヤニ止めのために行う処理です。
これをしないと、塗料をガンガン吸い込んでしまって...
とんでもない量の塗料を使わないと表面に乗らなかったりします。
そして、本来...楽器が持っているポテンシャルが激落ちしてしまうんですね~。

de...「との粉」の登場です!

tonoko.jpg

「との粉」・・・「その粉?」

suzuki_sonoko.jpg

「鈴木その子」の目止めは・・・It's Perfect!(笑)

「との粉」を使った目止め・・・
通常は...マホガニー、アッシュ、セン、ウォルナット等の「※導管」の深い木材に施します。
一方、「※導管」の浅い木材の...アルダー、メイプル、バスウッド等には不要とのこと。

※「導管」:水分を道通させるための木(植物)の管、血管みたいなもの

de...俺の「フライングV」に使われている木材・・・何なのか判りましぇーん!?(゜_。)?
多分、導管の深い木材ではないとは思うんだけど...
いざ、塗ってみたら...生理用品みたいに「吸収力抜群!」(笑)
てな事になっちゃったらマズいので、ここは保険で「との粉」の目止めを施します!

との粉:100gに対して、水:90ccを加えてかき混ぜます。
少し水を多目にした方がいい鴨?...柔らかさ的には、かなり下痢気味なウンチといったところでしょうか?(汚笑)

tonoko_01.jpg

あっ、そうそう...工程的には下地処理だけど、
塗装的には一応、下塗りなんで...作業し易いように「取っ手」を制作して付けました!・・・とっても(・∀・)イイ!! 取っ手(ぉ
これで、手に持ったまま逆さまにして...Vのお股を刷毛でコチョコチョっとできます(笑)。

handle.jpg

極太の取っ手を握る手を見てたら...ちとシコシコ・(*´Д`)ハァハァしたくなってきたわ~(^O^;...

刷毛を使い木目に沿って、との粉を塗り・・・
↓の様な半乾き状態になったら...ウェス等で「ら線」を描きながら、擦り込むように拭き取ります。

tonoko_02.jpg

「えっ、1回だけなのぉ?」・・・「もう1回!」と、大塚 愛が言うので(笑)...老体にムチ打って2回しちゃいました!
との粉の目止めは、1回だけじゃ...あまり効果がないみたいだしね。。


de...お次のは、「ウッドシーラー」の施工ですが・・・
ウッドシーラーは、一般の店では販売されていないので...代用品として「木部用プライマー」を使いますた。

wood_primer.jpg

この「木部用プライマー」も、目止めの一種で...下地を整えて、塗料の吸い込みを抑えてくれます。
スプレー・タイプなので...取り扱いも簡単で手軽に塗れるから(^^)dグッドです。

primer_01.jpg

「との粉」+「木部用プライマー」で...かなりの飴色になりましたyo-!(^O^)
このまま「ナチュラル」な感じで、いんじゃねぇ?って思うくらい...よさげな雰囲気出てきたわ。

早く塗りたい気持ちを、グッと抑えつつ...次回は、最終下地処理を!

To Be Continued・・・
スポンサーサイト

Newer Entryギター・リフィッシュ <下地処理その2>

Older Entryギター・リフィッシュ <塗装剥離>

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
6
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 11